インサイト#2

2020年7月20日

デジタルトランスフォーメーションが進行しています

どのようなメリットが期待できるのか

デジタル変遷は、今日、どこも激しくなっており、企業は急いで時流に乗っています。 そして、お客様との会話でよく耳にする質問は、「デジタル変遷からどのようなメリットが期待できるか」です。 この「ideas @ work」シリーズでは、それらに答えようとしています。

確かに、答えは特定のプログラムやプロジェクトに特有のものであるが、デジタル変革の際に予想される広範な見方もあります。それらは以下のカテゴリーに分類されます。

お客様体験の向上

デジタル変革では、消費者グレードの接点やお客様や従業員が熟知している経験に匹敵する近代的なデジタル接点の導入が義務付けられています。データとパーソナライズされた経験に支えられた豊富なUI/UXを創造することに焦点を当てることで、デジタル変革は顧客の経験を大幅に向上させます。

深い洞察

デジタル変遷のもう一つの任務は、データを使って意思決定を行うことです。データはすべて普及しており、常に分析され、洞察を提供しています。したがって、デジタル変遷は、データを通じて企業にはこれまで存在しなかったレベルの洞察をもたらしています。

新商材・サービス

デジタル化により、デジタル製品やサービスだけでなく、デジタル市場へのアクセスも可能になります。これにより、業務は新しい製品を革新し、創造したり、既存製品を再利用して新しい市場の要求に応えることができます。既存市場が競争の赤い海になるにつれて、企業が業務を営み、存続するためには、新しい市場や新しいビジネスモデルの必要性が不可欠になってきます。

お客さまの人格の的確な把握

優れたデータ洞察には、優れた分類とモデリングが伴います。。データ主導型の洞察を、お客様嗜好の自動分類を提供する高度な機械学習アルゴリズムに組み込むことで、基本的に、顧客の人口統計プロファイル(顧客の閲覧、購入プロファイル、サービスのやりとりなど)にお客様の個人を作成することができます。デジタル化されたすべての顧客の接点は、データ収集分析のプラットフォームとして、また顧客のペルソナへの洞察を提供するのに役立ちます。

コスト削減

意思決定にデータベースの洞察を使用すると、プロセスを改善して無駄をなくし、最適化を向上させることができます。 これは間接的にあらゆるビジネスプロセスのコスト削減につながります。

結論

ここで提供されるポインタは、あらゆるデジタル化イニシアティブに適用される広範なレベルです。すべてのデジタル化プロジェクトは、デジタル化によって作成されたベンチマーク値に対する利益軸に照らして検証される必要があります。