インサイト#3

2020年8月3日

COVID -19 業務への影響-サプライチェーン

何を期待しますか?

このような事態を納得できないかもしれませんが、弾力的で脆弱ではないサプライチェーンは、現在では将来の新しい世代のサプライチェーンと見なされません。強靭なサプライチェーンを理解するために、まず、どのように崩壊したのか、各レベルでの脆弱性を理解することが必要です。

脆性1.0

最初の打撃は、中国が1月に工場を閉鎖し、コロナウイルスの発生を封じ込めるために労働者を帰国させたときでした。世界のサプライチェーンでの原材料の途切れない供給に、対応する時間はほとんどありませんでした。世界中のほとんどの企業は、このような突然の停止に対応するようには設計されていません。サプライ・チェーンを運営する企業は、突然のストップの危機を感じていたため、代替調達のための迅速な対応が、取締役会の必要不可欠な事項になりました。

Fragility-1.0

脆性1.0

Fragility-1.0

最初の打撃は、中国が1月に工場を閉鎖し、コロナウイルスの発生を封じ込めるために労働者を帰国させたときでした。世界のサプライチェーンでの原材料の途切れない供給に、対応する時間はほとんどありませんでした。世界中のほとんどの企業は、このような突然の停止に対応するようには設計されていません。サプライ・チェーンを運営する企業は、突然のストップの危機を感じていたため、代替調達のための迅速な対応が、取締役会の必要不可欠な事項になりました。

Fragility-2.0

脆性2.0

各国でウィルスが流行するにつれて、労働力不足が工場の床や倉庫にまで広がっていきました。部品調達の迅速な対応として始まったものは、今や人手不足とスケジュールの問題でした。お客様の受注が積み重なり、増加していきましたが、製造・サプライチェーンは需要に追いつきませんでした。

脆性2.0

Fragility-2.0

各国でウィルスが流行するにつれて、労働力不足が工場の床や倉庫にまで広がっていきました。部品調達の迅速な対応として始まったものは、今や人手不足とスケジュールの問題でした。お客様の受注が積み重なり、増加していきましたが、製造・サプライチェーンは需要に追いつきませんでした。

脆性3.0

世界経済がパンデミックに襲われるにつれて、需要は減少しました。すべてのセクターで商品とサービスの需要が大幅に減少しました。これには、組織全体の運用の劇的な縮小とサプライチェーンの縮小が必要になりました。

Fragility-3.0

脆性3.0

Fragility-3.0

世界経済がパンデミックに襲われるにつれて、需要は減少しました。すべてのセクターで商品とサービスの需要が大幅に減少しました。これには、組織全体の運用の劇的な縮小とサプライチェーンの縮小が必要になりました。

Understanding-Resiliency

回復力の理解

3カ月の間に、世界的なサプライチェーンの失敗、非常に短期間の需要急増、長期的な需要低下が見られました。すべての出来事は、急速に連続して発生しました。そのような変化に耐えられるサプライチェーンとネットワークをどのように構築するのでしょうか。

これらの事象のいずれも、決して独特なものでも、「一生に一度」の事象でもありません。現在、グローバル・サプライチェーンの破壊は、地政学的事象、地震などの自然災害、重大な天候、サイバー事象などによって引き起こされる定例の特徴となっています。リスクの低い事業環境の前提は、急速に現実のものとなっています。

労働力不足は、サプライチェーンの歴史において常に課題であり、このパンデミックのタイミングは、嵐を引き起こした引き金にすぎませんでした。

需要の減少または増加に合わせて生産を調整することは、サプライチェーンにおいてよく理解された概念の1つです。製造業者不足と労働力不足の中で、それを再計画できるようにすることは、回復力が必要性です。

回復力の理解

Understanding-Resiliency

3カ月の間に、世界的なサプライチェーンの失敗、非常に短期間の需要急増、長期的な需要低下が見られました。すべての出来事は、急速に連続して発生しました。そのような変化に耐えられるサプライチェーンとネットワークをどのように構築するのでしょうか。

これらの事象のいずれも、決して独特なものでも、「一生に一度」の事象でもありません。現在、グローバル・サプライチェーンの破壊は、地政学的事象、地震などの自然災害、重大な天候、サイバー事象などによって引き起こされる定例の特徴となっています。リスクの低い事業環境の前提は、急速に現実のものとなっています。

労働力不足は、サプライチェーンの歴史において常に課題であり、このパンデミックのタイミングは、嵐を引き起こした引き金にすぎませんでした。

需要の減少または増加に合わせて生産を調整することは、サプライチェーンにおいてよく理解された概念の1つです。製造業者不足と労働力不足の中で、それを再計画できるようにすることは、回復力が必要性です。

レジリエンスの計画

From Lean to Right Sized

最も低コストのベンダーでスリムなサプライチェーンを運営することは、世界的に混乱を招くような出来事がまったく起きない安定した世界に最適でした。脆弱性を防止するためには、グローバルな事象に対する回復力が必要です。この回復力にはこれまでのサプライチェーンよりも高いコストとう代償がかかります。したがって、課題は、より回復力のある明日のために、今日のうちに、追加費用を負担することです。このパンデミックで供給の混乱に直面した組織は、サプライチェーンの混乱の本当のコストを理解しているので、このコストを受け入れることができると考えます。コストは、代替供給業者を特定し、契約を結ぶという形で発生すします(トヨタ60-20-20モデル)。供給ネットワークに十分なバッファを構築して、小規模な混乱が川下から見えないようにし、ネットワーク全体に視認性をもたらす分析プラットフォームを構築します。

From-Lean-to-Right-Sized

From Lean to Right Sized

From-Lean-to-Right-Sized

最も低コストのベンダーでスリムなサプライチェーンを運営することは、世界的に混乱を招くような出来事がまったく起きない安定した世界に最適でした。脆弱性を防止するためには、グローバルな事象に対する回復力が必要です。この回復力にはこれまでのサプライチェーンよりも高いコストとう代償がかかります。したがって、課題は、より回復力のある明日のために、今日のうちに、追加費用を負担することです。このパンデミックで供給の混乱に直面した組織は、サプライチェーンの混乱の本当のコストを理解しているので、このコストを受け入れることができると考えます。コストは、代替供給業者を特定し、契約を結ぶという形で発生すします(トヨタ60-20-20モデル)。供給ネットワークに十分なバッファを構築して、小規模な混乱が川下から見えないようにし、ネットワーク全体に視認性をもたらす分析プラットフォームを構築します。

製造業者ネットワークの機動性向上

製造業者の機動性は、単一の製造業者への依存を減らし、消費者の地元市場で製造業者を見つけることを組み合わせることによって達成することができます。「オフショア・サプライヤー」から「工場があるサプライヤー」と言うように作業をすべて移すことで、各製造業者に自主的に要求に応じて業務の拡大・縮小を求めながら、単一障害点のリスクを効果的に軽減することができます。

Bringing-agility-in-supplier-networks

製造業者ネットワークの機動性向上

Bringing-agility-in-supplier-networks

製造業者の機動性は、単一の製造業者への依存を減らし、消費者の地元市場で製造業者を見つけることを組み合わせることによって達成することができます。「オフショア・サプライヤー」から「工場があるサプライヤー」と言うように作業をすべて移すことで、各製造業者に自主的に要求に応じて業務の拡大・縮小を求めながら、単一障害点のリスクを効果的に軽減することができます。

透明性、協調性、洞察

クラウドベースのサプライチェーン解は、このパンデミックの間、ネットワーク全体の透明性をもたらします。メーカーは、サプライチェーン全体でより良い可視性を要求し、この可視性は、クラウドベースのコラボレーションツールを介して実現されます。製造業者のデータや社内データを活用し、AIやMLを通じて洞察をもたらすことは、回復力のあるネットワークを構築するための高度な洞察を提供することになります。

Transparency,-Collaboration-and-Insights

透明性、協調性、洞察

Transparency,-Collaboration-and-Insights

クラウドベースのサプライチェーン解は、このパンデミックの間、ネットワーク全体の透明性をもたらします。メーカーは、サプライチェーン全体でより良い可視性を要求し、この可視性は、クラウドベースのコラボレーションツールを介して実現されます。製造業者のデータや社内データを活用し、AIやMLを通じて洞察をもたらすことは、回復力のあるネットワークを構築するための高度な洞察を提供することになります。

分権化され、強化されたチーム

消費者チェーンに関する洞察と分析を使用して小規模なチームを独立して機能させることで、一元管理された大規模な単一障害点チームと比較して、迅速に意思決定を行い、障害から回復する機能を通じて、新しいレベルの回復力をもたらします。

Decentralized-and-Empowered-Teams

分権化され、強化されたチーム

Decentralized-and-Empowered-Teams

消費者チェーンに関する洞察と分析を使用して小規模なチームを独立して機能させることで、一元管理された大規模な単一障害点チームと比較して、迅速に意思決定を行い、障害から回復する機能を通じて、新しいレベルの回復力をもたらします。

結論

高い機動性、耐性のある適切な規模のサプライチェーンが未来の形です。そして権限を与えられたチームが、その成功のカギを握るのです。